スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木を学びに行ってまいりました
材木 1 

今週、社長と数名の男性社員は、

住宅に使われる木材を学びに、

静岡県に行ってまいりました。

材木 2


材木 3



『自社で森林を所有しているということがウリの

大手ハウスメーカー』から転職して来た社員が、

以前、言っていたことを思い出しました。


「自社林の木を切り出してきて使うより、

輸入木材を使うほうが安いので、結局、

自社林の木を使って家を建てることは、

めったに無かった。自社林は会社のイメ

ージを維持するための存在となっていた。

自社林は荒れ放題らしい。」


この事実を聞いたときは驚きました。

日本の林業が置かれている状況の厳しさを

知りました。


それを聞いて知っていたからこそ、

本当にきちんと木を育て、

林業で生計をたてている人々を

応援したい気持ちになります。


材木 4


日本の木は高いですが、大船住研はこれからも

積極的に日本の木を使って家を建てていきます。

しかし、輸入材を使わない、ということはしません。

お客様の意向に従って使うものを決めるのが、

大船住研のやりかたです。

あくまでも、お客様に選んでいただきます。

とても良い物があったとしても、強制したり

押し付けたりしないのが、大船住研の伝統です。

ただ、良いものを提供できる態勢を、

常に整えています。

自由に選ぶという行為こそが、大事です。

良いもの・優れた製品は、沢山あります。

価値観は人によって大きく違いますので、

多くの良いものから、その方にとっての

良いものを選んでいただくのが大船住研流です。


水回り設備に関しても、

一つのメーカーを集中して扱うことはしません。

そのほうが安く仕入れることも出来、

メーカーに対して強く振舞うことも出来ますが、

それは、当社にとって利益はありますが、

お客様にとっては利益が少ないからです。

たとえばキッチンにしても、

いいキッチンを作っているメーカーは沢山

あります。

それぞれの良いところと欠点をご説明して、

あとはお客様の判断に任せるのが大船住研です。


自社の利益になるように誘導したり、

お客様を説き伏せたりはしません。


だから、全てのメーカーから信頼されます。

良い製品であれば、必ず、お客様に

正しくお伝えし、勧めるからです。

大船住研の社員は、その点において、

誰からも指図されません。

上司からも社長からも。

「会社の利益になるメーカーの製品を売れ!」

という命令はこないのです。

「良い製品を勧める」という精神があるだけです。





やまゆり ブログ用

神奈川県の花「ヤマユリ」を育て始めました。

むかし大変多くのヤマユリの球根が掘り出され、

横浜港からヨーロッパへ輸出されたそうで、

いまでは貴重なものとなっています。


ヨーロッパでは日本から輸入した球根をもとに

盛んに品種改良を行ない、あの有名な百合、

「カサブランカ」も誕生したそうです。

l_070815kasaburanka3.jpg
プロフィール

めいちゃん(wool)

Author:めいちゃん(wool)
はじめまして♪
(株)大船住研の新キャラクター、
羊の“メイ”です。
建築に関わることだけじゃなく、
ノンジャンルで色々なことを
書いていきまーす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。