スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月 耐震相談会 
基礎 400

注文住宅の工事写真です。基礎を作っています。

コンクリートの中に鉄の棒が立っています。

工事が進んでくると、

ホールダウン 室内側

こうなります。

さきほどの棒を、柱に固定したわけですね。


基礎(コンクリート製)の上に置く土台(太い木材)に

小さな穴を開けて、その穴にもこの棒を通します。


つまり・・・この金属の丈夫な棒で、

基礎と土台と柱を繋ぎとめているのです。


なぜ、そんなことをするかというと、

大きな地震がきたときに、たて揺れが起きると、

土台から柱が抜けてしまうからなのです。


土台から柱が抜けると、家は一気に倒壊します。


阪神淡路大震災の時に、土台から柱が抜け、

倒壊した木造住宅が沢山あったので、

建築基準法が変わり、この「棒」を取り付ける

ように定められました。

ホールダウン金物といいます。


古いお家には付いていません。



もし、たて揺れを伴う大きな地震がきたら、

古い木造住宅はとても危険です。


大船住研は、耐震性の高い注文住宅の建築と、

耐震リフォームに力を注いでいます。


今週末に行う(12/10・11)耐震相談会に

是非、お越しください。


対象は木造軸組み工法の一般住宅です。


第一会場 12月10日(土) 金沢区公会堂

     横浜市金沢区泥亀2-9-1

     最寄駅 京浜急行 金沢八景駅

第二会場 12月11日(日)リリス

     横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1 

     最寄駅 京浜東北線 本郷台駅

時間は10時から16時です。

無料です。駐車場あります。

両方とも、会議室で行います。


耐震工事をしたいご自宅が横浜市内にある場合は、

横浜市が行っている補助金制度が使える場合があります。

最大300万円でます。

関心のあるかたは、是非、お越しください。

個別相談形式です。(説明会ではありません)



二階建ての木造住宅で、

地震の被害が大きく出やすい家としては・・・


●一階に大きな部屋が二個以上ある

●リフォームで柱を抜いた家

●吹き抜けがある

●雨漏りや水漏れがある

●リフォームで屋根を重くした

●テレビアンテナの調整で電気屋さんが屋根に乗った

●塗装工事で塗装の職人が屋根に乗った

 (屋根材を割れれている可能性あり)

●シロアリ駆除をしていない

●地盤がやわらかく小さな地震でも揺れる

●外壁がサイディングの家で、コーキングを

 取り替えていない(水が浸入している恐れあり)

●南側に大きな窓が多数あり北側には小さな窓しかない


このような家は、地震で大きく破損する

可能性大。


屋根の上を歩くことは、

屋根の職人だけに許可しましょう。

他の工事の職人を古い屋根に載せると、

歩き方を知らないために屋根材を割り、

雨漏りの原因を作ってしまいます。

雨漏りは木造住宅の構造体(柱など)を腐らせ、

大きな地震に耐える力を失わせます。


多くの業者に見積もりを依頼するのは良いことですが、

屋根にあげる営業マンは厳選しましょう。


「屋根は丈夫なもので、屋根の上を歩いても

壊れない」と思っているお客様がいるのですが、

屋根材は歩くと傷みます。特に古い屋根材は、

簡単に割れるものもあります。


家の耐震性と密接に関係がある屋根。

お金をかける価値がある所です。
プロフィール

めいちゃん(wool)

Author:めいちゃん(wool)
はじめまして♪
(株)大船住研の新キャラクター、
羊の“メイ”です。
建築に関わることだけじゃなく、
ノンジャンルで色々なことを
書いていきまーす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。